自動給餌器のハードウェア構成


マイコンとサーボまわり。サーボは次のURLで紹介されている初心者向けおすすめのEMAX ES08MAIIを利用(2017年4月頃に買ったまま放置してたのを活用)。マイコンは手元にあったArduino LEONARDOを使った。

Arduino、Raspberry Pi等で使える1000円以下の安サーボモータ比較~我々はどのサーボを使うべきか

サーボは2つだけならArduino直結でもよさそうだったけど、少しでも不安定要素を除きたかったのでサーボコントローラーを購入。Amazonで検索してPCA9685 16Channelというやつ。Adafruitの互換品で980円ぐらい。

電源は手元にあった5V2Aぐらいの秋月のACアダプタ。サーボコントローラに給電してそこからArduinoに配る形。サーボコントローラのVCCはどこからつなげていいかよくわからず、5V-outと直結でいいような気もしたけど、なんとなくArduinoの5Vをお返しする形でつないだ。

あとはサーボをコントローラにつないで、コントローラとArduinoのI2Cをつないで、配線はできあがり。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください