M5Stack使ってみた

2か月ほど前に買ったまま放置していたM5Stackを使ってみる。

M5Stackであそぼう

とりあえずお手軽にM5Cloudでお試し。

jpg画像表示は簡単にできたので、二酸化炭素センサー MH-Z19をつないでみる。

前回MBEDでこのセンサーを使ったときはPWMでデータを読んだので今回はUARTで接続。

M5StackのTX2とRX2という端子がUART2の送受信端子なので、そこにMH-Z19のRXとTXを接続してあとは5VoutとVin、GとGNDをつなぐだけ。

仕様書に書かれた通りのコマンドを送ると値が読み取れたので、そのままCO2濃度としてディスプレイに表示。

外付けセンサーがかなり不格好だけど最初からディスプレイとバッテリがついてるのはお手軽でいい感じ。

センサーをスタックできるようにケースつくればいいんだろうけど・・・

一応コードも張り付けておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください