名前Pickerをつくった


OLEDとプッシュスイッチ2つ

用途

あらかじめ登録された複数人の中からランダムに一名を指定するための装置。授業中に回答者を指定するために使うことを想定してます。

使い方

右側の横長の枠部分が名前が表示される部分。左端の灰色のボタンがクラス切り替えスイッチ。水色ボタンはPickボタンで、Pushするたびに、現在選択中のクラスからランダムに一名の名前とふりがなと通し番号が表示される。

一度表示された名前は、クラス全員が表示されるまでは再表示されない。この仕様を実現するためには、クラスの全員に対して、ランダムに順番を割り当てておいて、それを順に表示していけばよいので、クラス切り替え時とクラス全員の名前表示が一巡したときに、現在選択されているクラス全員分の順番決め抽選を実施している。

今回注力したところ

今回は、「DeepSleep機能活用でハード的な電源スイッチをなくすこと」を目標にした。いちいち使い終わるたびに電源オフするのは面倒なので、電源スイッチなしで長時間駆動を実現しようとして頑張ってみた。

回路図をきれいに書く術を知りたい……

M5Stamp(ほかのM5シリーズも同じぽい)は、DeepSleep中はRTC部分だけ?が動いているらしい。変数を宣言するときにRTC用のRAMとして属性を宣言してあげると復帰後も変数の中身が保持されている。

Lang-shipさんのサイトがとても参考になった。

https://lang-ship.com/blog/work/esp32-deep-sleep/

ケースづくりノウハウ

こういう小物のケースを作るときには、いつも適当にFusion360をいじってるのだけど、毎回行き当たりばったりなのと、ボタンやマイコン、ケースのフタをうまく固定するような形状にできなくて、ホットボンドや接着剤だよりになってしまってるのが困りどころ。

先日、@ina_ani さんが投稿されていたLibreCADとOpenSCADを組み合わせるという方法が気になってる。

Fusion360も捨てがたい

今朝、Prusa用のエンクロージャーが発表されたというツイートから、いろいろ3Dプリンタ系のブログを見ていて、偶然見つけたのだけれど、電子辞書Hackで有名な@puhitakuさんの記事で紹介されていた「Fusion360でCAD設計を覚えよう」シリーズも気になる。

最後に

いつも通りとりとめのない記事になってしまったけど、とりあえず、今回のCR2032x2でどれぐらい電池が持つかが気になるところ。DeepSleep中の電流は当初0.35mAだったけど、M5StampのLEDを除去したら0.15mAになったので、(計算よく分からんけど)1週間以上は持つ、かな……


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください