VRで部屋つくり その4

プロジェクションペインティングの覚書

参考にしてる動画は↓

動画から大事そうなところをメモ。

頭部をUV展開してテクスチャを割り当てするところまでは普通にやる。

UV Mapsを新しく追加する。

投影用の画像を開いて3Dモデル側でU-Project From View

Texture PaintでSlotsタブを設定、Painting Mode: Image で Canvas Imageにテクスチャになる画像を選択。UV Mapは顔を展開したときの一つ目のUV Mapを選ぶ。

Toolsのほう球体の絵のところをクリックしてBrushをF Cloneにする。Clone from imageにチェックをいれて、投影用の画像を選ぶ。Source Clone UV Mapは新しく作ったほうのUV Mapを選ぶ。

これでプロジェクションペイントできるはず。正面画像、横画像などいいかんじでぬりぬりする。

そして、先日XR部ロゴの部屋をお試しで作ってOculus GOで見えるようにしたはずなのに、Unity開きなおしたらキレイに消えてた。保存できてなかったのだろうか。まだまだUnityの基本がわかってない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください